Case studyPARK活用事例

【可視化レポート紹介】
企業のお金の状態を把握「決算書3か年分析レポート」

  • 財務情報
  • 可視化レポート
  • レポート活用事例
  • 課題

    • 「決算書3か年分析」レポートは、企業の財務状態を経年推移のビジュアルによる可視化ができます。
    • 各財務指標「安全性」「収益性」「成長性」「効率性」「生産性」による判定と、同業種の業界平均値と比較することができます。
  • 効果

    • 決算書3期分(貸借対照表・損益計算書)の情報から、経営成績と財務状態のタイプを確認することができます。
    • 主要な財務指標の値を業界平均値と比較をすることで、自社を客観的に評価し、今後の経営判断に活かすことができます。

解決のポイント

  1. 自社の現状の可視化と比較ができる

    企業の現在と過去、そしてその3か年の推移を、財務状態をフォーカスしてレポート化しました。各財務指標「安全性」「収益性」「成長性」「効率性」「生産性」による判定と、同業種の業界平均値と比較することができます。

  2. 貸借対照表を紐解く

    集めた資金をどのように使っているか、3か年の推移で確認します。
    特に借入状況を把握することで、経営状態を確認します。優良型、標準型、危険型、存続危機型の4種類判定にて、わかりやすく表示がされます。
    また、自社業種を選択することで、業界平均も確認いただけます。

  3. 損益計算書を紐解く

    損益計算書からは、記6つの財務指標を用いて提供します。
    ①安全性(自社の倒産する可能性は?)
    ②収益性(利益を得る力は?)
    ③成長性(企業の経営拡大の度合いや今後の将来は?)
    ④効率性(資産を効率的に使えてる?)
    ⑤生産性(自社の経営資源をもとに、効率的に付加価値を出せている?)

    まずは財務情報を整理しデータ化、可視化することで、足元の課題が見え、その先にあるさまざまな事業展開についても考えるきっかけとなるのではと考えます。