Case studyPARK活用事例

【可視化レポート紹介】
持続可能な企業経営を判定!中小企業版ESG判定

  • ESG判定
  • 可視化レポート
  • レポート活用事例
  • 課題

    • 近年、サステナビリティ(持続可能性)を評価するという概念が普及してきており、 E(環境) S(社会) G(企業統治)への意識、取り組みをアンケート調査の結果や定量データ、活動履歴から把握することで、企業の新たな収益創出の機会を評価します。
  • 効果

    • E(環境) S(社会) G(企業統治)の観点より、中小・小規模事業者を取り巻く経営環境の変化への適応度を企業価値として、マーケットでの自社の立ち位置を確認することができます。

解決のポイント

  1. 自社取り組み度や意識の高さをデータでつかむ!

    ESG判定による自社の点数と、他社平均をレーダーチャートで表示します。E(環境)、 S(社会)、 G(企業統治)それぞれの点数と、判定を◎、〇、△で見える化。感覚的に掴んでいただけるようなビジュアルレポートにてご提供しています。

  2. 自社の強い部分、弱い部分を相対的に判定

    設問ごとの自社回答と、得点、他社平均が算出されることで、より細かい項目にて自社が他社より抜きん出ているテーマ、他社に遅れをとっているテーマが一目瞭然。まずはこちらの診断に取り組んでいただき、自社の相対的な立ち位置を経営者さまにしっかり掴んでいただくことは、今後も永続する企業経営において、必要不可欠となります。

  3. レポートに表示されるコメントを見て、新たな一歩へ

    レポートには判定得点やESG各得点の散布によって、表示させるコメントを設定しております。
    中小企業経営者さまには、ぜひ、このレポートきっかけに、具体的な新たな一歩を踏み出してもらえるようなレポートとなっています。