Case studyPARK活用事例

きづなPARKでは、中小企業の「人」「モノ」「カネ」「情報」「時間」の5つの経営資源を中心に、データで可視化することができます。
きづなPARKを通じて発見できた経営課題の解決に着手し、行った施策の結果を可視化、効果測定を繰り返しながら事業を進めることは、
変化の激しい事業環境下で企業を存続させる術となります。
勘や経験ではなく、実データに基づいて経営の意思決定を行うデータドリブン経営によって、
傾きかけた事業の立て直しや、さらなる事業成長につながる事例が数多く生まれています。

ここでは、きづなPARKを活用し可視化経営、データドリブン経営に取り組まれている中小企業ユーザーの事例や、
きづなPARK内に専用広場を設けて、中小企業に寄り添った伴走支援を提供する自治体や、企業・団体の活用事例を紹介します。

Users’ Voices
中小企業ユーザーの声

きづなPARKで可視化経営に取り組み、デジタル化やGXへの対応、
財務改善や赤字脱却ができた企業の活用事例

中小企業の事例

Supporters’ Voices
支援企業・団体の声

きづなPARKを通じて中小企業の可視化経営やDX化を
推進し、支援している企業、団体、自治体の支援事例や活用事例

支援企業・団体の事例

活用事例一覧

支援企業・団体の事例を表示中

全ての事例を表示
  • 【自治体×きづなPARK】DX推進で地域活性化の推進を! 長野県信濃町DXイノベーション推進プロジェクト事業

    支援企業・団体の事例

    • 事業名 信濃町DXイノベーション推進プロジェクト事業 「令和5年度 中小企業の経営改善プロジェクト」
  • 既存個客へ可視化レポートを活用し、新しいビジネスモデルの確立へ

    支援企業・団体の事例

    地域に根差したOA機器の販売会社が、モノ売りからの脱却を目指し、経営リソースの可視化から個客の課題解決へ

    • 支援対象 既存個客である中小企業
  • 【自治体×きづなPARK】中小企業のデジタル化と地域のDX化、新たな産業創出を後押し!

    支援企業・団体の事例

    成長や変革を目指す地域の中小企業を、地元出身のアドバイザーが、きづなPARKを活用して伴走型支援を進めるモデルが動き出しています

    • 支援対象 域内の中小企業

支援企業・団体の事例を表示中

全ての事例を表示