Case studyPARK活用事例

きづなPARKでは、中小企業の「人」「モノ」「カネ」「情報」「時間」の5つの経営資源を中心に、データで可視化することができます。
きづなPARKを通じて発見できた経営課題の解決に着手し、行った施策の結果を可視化、効果測定を繰り返しながら事業を進めることは、
変化の激しい事業環境下で企業を存続させる術となります。
勘や経験ではなく、実データに基づいて経営の意思決定を行うデータドリブン経営によって、
傾きかけた事業の立て直しや、さらなる事業成長につながる事例が数多く生まれています。

ここでは、きづなPARKを活用し可視化経営、データドリブン経営に取り組まれている中小企業ユーザーの事例や、
きづなPARK内に専用広場を設けて、中小企業に寄り添った伴走支援を提供する自治体や、企業・団体の活用事例を紹介します。

Users’ Voices
中小企業ユーザーの声

きづなPARKで可視化経営に取り組み、デジタル化やGXへの対応、
財務改善や赤字脱却ができた企業の活用事例

中小企業の事例

Supporters’ Voices
支援企業・団体の声

きづなPARKを通じて中小企業の可視化経営やDX化を
推進し、支援している企業、団体、自治体の支援事例や活用事例

支援企業・団体の事例

活用事例一覧

  • 蓄積された社内情報から、データ活用により利益拡大へ

    中小企業の事例

    家族経営、従業員2名の水回り専門の設備工事業。業務効率改善に取り組みたいけれども何からやればよいかわからず、経営状態の可視化も出来ていませんでしたが・・・。

    • 業種設備工事業
    • 従業員数2名
  • 【生産性向上】生産量と時間のリアルタイムな可視化で生産性が大幅アップ!債務超過解消も!

    中小企業の事例

    • 業種食品製造業
    • 従業員数30名
  • 【赤字脱却】デジタル化と可視化経営に一歩一歩取り組むことで、債務超過解消!

    中小企業の事例

    デジタル化と可視化経営に一歩一歩取り組むことで、赤字脱却と債務超過解消に成功した従業員10名の内装工事業の事例です。

    • 業種内装工事業
    • 従業員数10名